2019年のプロ野球はいよいよ大詰め

2019年のプロ野球はいよいよ大詰め.ソフトバンクが3連勝で日本シリーズ制覇に王手となっています.

工藤監督による選手起用がはまり、クライマックスシリーズの第1ステージから9連勝。 23日のチームの第4ラウンドで3連勝を目指します。
まず先発はジャイアンツ菅野とソフトバンク和田です。投手の巨人のエース菅野は、シリーズの初の当番です。
ソフトバンクは、パシフィックリーグの2位からクライマックスシリーズを獲得し、日本シリーズでは、セリーグチャンピオンの巨人に最初の3連勝を勝ち取りました。エースの菅野は第4ラウンドでスターティングマウンドに上がり、和田はソフトバンクの役割を果たします。
投手の巨人、エース・菅野投手は、シリーズ初の当番です。最速151kmのストレートボール、カットボール、スライダーが慎重にコーナーに投げ込まれます.
前日の試合でトップ打者のホームランを含む2連続ホームランを放った亀井義之。ゲームは敗北しましたが、このシリーズの最初のヒットでした。最初の打者としてようやく息を吹き返しました。この日、左腕の和田はスターターですが、彼がどのような役割を演じるかに注意してください。
菅野はシーズン後半に腰痛が再発したため、CSファイナルS阪神の試合も回避しました。最初の当番は最終的に第4試合でとなりました。このゲームは、今年のポストシーズンの最初の当番となります。彼はシーズン中に11勝6敗で5個の貯金をしたが、指定された投球回に到達しませんでした。 3.89の防御率は、菅野にとっても不十分です。崖っぷちのチームを救うピッチングができるか?ソフトバンクのスターターは和田です。今シーズンは遅れのために12試合で終了しました。西武とのクライマックスシリーズで、彼は最初の試合に登板しました。彼は試合に勝ったが、彼は4回3失点でした。この日の試合で挽回できるか?

・・・結果はもう既に出てるけど,まぁ時間差投稿ということでw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です