日本政府、各世帯に30万円を給付か

新型コロナの拡大は世界規模で進んでいる。現時点で比較的被害が少なそうに見える日本ではあるが予断を許す状況ではない。一刻も早い外出禁止令の発布が本質的な対応策といえよう。安倍政権は国民向けのアピールの1つとして現金給付に前向きであるとされるが、単なる応急処置であって感染症の抑制とは本質的に異なるものである。すっと腑に落ちる対策とはいえないだろう。

景気後退に対応して生活支援を行うために国民に現金を分配する経済対策の一つ。リーマンショック後、住民基本台帳と外国人登録用紙に基づく「定額給付」として、一人当たり12,000円が支払われました。 65歳以上18歳未満の方は8,000円が加算されました。新しいコロナウイルスの蔓延に対応して、米国は家計に現金を支払いました。
安倍晋三首相は火曜日の衆院本会議で、「同じようなサービスを提供するのではなく、困難な状況にある中小企業や生活が困難になる可能性のある人々に、できるだけ早く提供する必要があるだろうすべての市民。具体的な対策を検討し、お届けできるように急ぎます。また、支援を希望する側は、減税額を直接申告する自己申告制で現金を支払う。連立与党である公明党の要求である。
安倍首相は3日、首相官邸で岸田正典自民党議長と面会し、新型コロナウイルスの蔓延により収入が減少した世帯に対し、世帯当たり30万円の現金支払いを確定した。会談後、岸田氏は記者団に対し、「ある程度の所得に落ち込んだ世帯には30万円払うべきであり、首相の同意を得ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です