中国で新型コロナウイルスの猛威が続く

新型コロナウイルスの猛威に中国政府は手を打てていない。感染者死者は増える一方である。外国への影響も確実に拡大している。早急な対応が期待される。

中国以外の国では伝染病が次々と報告されており、日本では20例が報告されています。 2日、フィリピンで1人の死者が確認され、中国以外での最初の死者として発表された。故人は武漢から訪れた中国人であると伝えられています。
「新しいコロナウイルス」による死亡者数は、中国で57人増加して361人になりました。2003年に流行したSARSの数は、中国での死亡者数を上回りました。
新しいコロナウイルスの拡散が最悪の中国湖北省の保健当局は、今日、64人の新しい人々が死亡したと語った。その結果、中国での感染拡大に関連した死亡者の総数は425人で、400人を超えました。さらに、湖北省だけで確認された症例の数がさらに2,345人増加しました。
新しいコロナウイルスの発生は、世界最大の移民である春祭りの最中に発生しました。 1月23日の午前2時に検疫措置が発表され、検疫が発効した午前10時までに30万人以上が電車で市内を脱出しました。交通当局がSNSに掲載した投稿は既に削除されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です