中国で発現した新型ウイルスが猛威を振るう

中国で発生した新型コロナウイルスは急速に影響範囲を拡大している。国内のみならず外国でも発症者が報告されており、しばらくは拡大が続くであろう。中国政府は近代的で効果的な対策を迅速に取る必要がある。

感染者の数が多い28日に湖北省政府が発表した声明によると、27日には省だけで1,291人の感染と24人の死亡が新たに確認され、合計2,714人が感染し100人が死亡した。湖北省の武漢市政府は、感染者の数が26日現在で約1,000人増加すると予測しています。
中国の湖北省武漢市を中心に広がる新しいコロナウイルスによる肺炎の期間中、政府から派遣されたチャーター機による現地からの日本人の帰還は29日以降に遅れると予想されます。中国当局との調整はチャーター機で継続する予定です。
政府は、28日、武漢の空港に2つの全日本空輸のチャーターを派遣して、湖北省の日本人居住者を避難させ、同じ夜に申請者を返還することでした。関係者によると、チャーター機は少なくとも3月28日の夕方には発送され、同日中に帰国することは困難になります。
中国政府の国家保健衛生委員会は28日の朝、27日までに新しいコロナウイルスによって引き起こされた肺炎で106人が中国本土で死亡したと発表しました。中国以外では、カナダ、ドイツなどで新しい症例が確認されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です