オーストラリアの自然火災が深刻化

オーストラリアの自然火災が続いており、被害が拡大中であるらしい。広大な国土ゆえに対応が難しいのだろうか。アメリカ西海岸のような裕福な地域でも大規模な火災をコントロールできていないように思える。オーストラリアのような裕福でない地域ではなおさら対策に力を入れるのは難しいのだろう。

オーストラリアの森林火災は新年の後も続きます。事態はますます深刻になっています。男子プロテニス選手協会のジョコビッチ会長は、都市の大気状態の悪化に関する懸念に応えて、「トーナメントの延期を検討する必要がある」とコメントしたと報じられています。予期せぬ余波が生まれました。
オーストラリアのワイルドライフパークは金曜日、コアラの保護の鍵を握る推定50,000頭の人口の少なくとも半分がオーストラリア南東部の山火事で殺される可能性があると述べた。専門家はニューサウスウェールズ州だけで約5億匹の動物が死亡したと推定し、昨年9月に森林火災がオーストラリアの在来の動植物を破壊しました。
オーストラリアでは、昨年の秋から大規模な火災が続いており、年が変わっても南東部を中心に広い範囲で深刻な被害が発生しています。 AP通信によると、少なくとも24人が死亡し、約2,000軒の家が失われました。これに対し、オーストラリアのモリソン首相は、緊急消防活動に1,500億円を費やすと発表しました。
オーストラリアのモリソン首相は金曜日、今後2年間で20億ドルの予算を確保し、森林火災の影響を受けた地域の再建を支援すると述べた。首相は記者会見で、森林火災からの回復に必要なだけのお金を使うと述べた。この国での大規模な森林火災は、数週間から数か月にも及ぶ可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です