ゴーン氏逃亡、傷口を広げるか

元日産自動車社長のカルロスゴーン氏が保釈中に国外逃亡した。自ら傷口を広げるやり方は氏らしくない。何か日本の捜査当局を回避する秘策があるのだろうか。
レバノンの弁護士グループは、ゴーンが以前にレバノンに敵対するイスラエルを訪問したと主張し、月曜日にゴーンの起訴を求めてレバノンの弁護士に報告を提出した。 告発は水曜日に明らかにされ、起訴された場合、軍事裁判にかけられます。 レバノンには日本との刑事引継ぎ条約はなく、ゴーンにとって安全であるという見方があります。
アメリカのメディアは、保釈中にレバノンに逃げたカルロス・ゴーンはイスラエルのイスラエルの弁護士グループに入ったと非難されたと報じた。 有罪であれば、最高15年の懲役刑を科せられます。 レバノンの市民はイスラエルへの入国を禁じられており、司法当局は、有罪判決を受けた場合、最高15年の刑務所に収容される可能性があると述べた。
  レバノンの弁護士グループは2月2日、保釈でレバノンに逃げた元日産自動車の被告人カルロス・ゴーンが以前にイスラエルに不法入国していたと報告した。 報告書は国の司法当局に提出されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です