中東に海軍戦力を派遣

中東を航行する日本の船舶を護衛するため、海軍戦力を派遣することが決まったらしい。近年は国内の災害対応で信頼を勝ち得ている自衛隊。海外での護衛活動もびしっと決めてきてほしいもの。んで、さらなる軍事力の強化につなげて、近隣の不良国家たちに牽制できる力をつけてほしい。

政府は、3月27日に閣議で海上自衛隊を中東に派遣することを決定しました。1隻の護衛艦を送り、P3Cパトロール機を使用してアフリカのソマリア沖の海賊と戦いました。規模は約260人になります。根拠は、防衛省の法律の「調査と研究」に基づいています。これは、防衛大臣の命令によってのみ実施できます。河野太郎国防相は自衛隊に中東への派遣の準備を命じた。内閣の決定時およびその活動の終了時に国会の報告が必要であったが、政府の自衛隊の海外への自発的派遣が広がり続けることは間違いないです。
日本政府は、中東における日本関連船舶の安全性を確保するために必要な情報収集システムを強化するため、1月27日に閣議により、日本独自のイニシアチブとして護衛艦およびand戒機の派遣を決定しました。安倍首相は、来月中旬にサウジアラビアと他の関連国への訪問を調整し、派遣の理解を得たいと思います。
3月27日の朝、政府は情報収集を強化するために海上自衛隊を中東に派遣することを閣議決定した。ソマリア沖のアデン湾にある2台のP3Cパトロール機の1つを海賊行為に対応して活用し、来年1月下旬に情報収集を開始します。また、ヘリコプターを搭載した護衛艦「たかなみ」を2月上旬に派遣して、2月下旬に現場に到着することを検討しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です