日韓外相が首脳会談に向けて調整

対話の意思を持たず近隣国との関係が冷え切っている韓国政府。GSOMIAへの対応はじめ拙い外交手腕にに各国の冷めた視線があつまる。

アジア欧州会議(ASEM)外相会議に出席するためにスペインを訪問しているカン・ギョンファ事務総長と茂木敏光外務大臣との約10分間が15日の夕方(現地時間)に開催されました。外交部は16日に報告した。
茂木氏は、16日、東京で開催される韓国へのより厳格な輸出管理に関する局長レベルの政策対話について、順調な進展を期待したいと述べた。韓国外務省の発表によると、カン氏は輸出規制の早期撤回を求めた。
スペインを訪問している茂木外務大臣は、15日夜、韓国の和和外務大臣と約10分間座り、言葉を交わした。付随する情報源によると、彼らは韓国人民元の募集問題を解決することが重要であることに同意した。
双方は、24日に中国の成都で開催された日中韓サミットを開催することが有意義になるように調整を行うことに合意した。サミット会議に関連して日韓外相会議の開催を調整します。北朝鮮問題については、三国が引き続き緊密に協力することが確認された。
外務省によると、カン・キョー氏は輸出管理問題と北朝鮮の核問題について茂木外務大臣と日本と意見交換を行いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です