NISAの仕組み変更?

つみたてNISAの期間延長&上限拡張でよいと思うのだが。歴史的経緯からか一般NISAも延命の方向で考えねばならないらしい。思い切りの悪さが実に日本らしくて稚拙である。とりあえず、担当者はNISAを使ってないんじゃないかと思われます。金額を12の倍数にしてくれると月次の積み立てにFITする、とか一瞬で気づくとおもうのだが。

NISAは、個々の資産管理を貯蓄から投資に変えることを目的として設立されました。現在、1100万を超えるアカウントがあります。ただし、税制上の優遇措置は株式の短期取引によく使用されるため、批判があります。
政府と与党は、17年度の税制改革の概要で、複数のシステムを備えたNISAは、将来的には、「少額からの資金調達と多様化した投資に適したシステムへの統合を検討する」と述べた。このポリシーに基づいて、新しいシステムは現在のシステムよりも節約に重点を置きます。政府と与党は、資産形成のための最適なシステムを探し続けます。
一般的なNISAが延長されない場合、これはオプションが失われるという点で投資家にとって否定的な要因であることは間違いありません。私たちはあなたにいくつかの肯定的な要因でそれを補ってほしい。適切な措置は、つみたてNISAの延長ではありませんか?月に5万円、年に最大60万円の増加を期待しています。厚生年金に加入している給与所得の従業員を考えると、iDeCoは年間276,000円まで支払われます。 NISAを年間600,000円で使用できる場合、年間876,000円を投資できます。各人が将来どのくらいの収入を投資するかを決定しますが、純収入の20%が投資されると仮定すると、純利益は438万円になります。この金額は、労働者の稼得所得の平均を上回っていますが、「豊かなインセンティブ」といえる収入のレベルではありません。
政府と与党は、株式および投資信託への投資から利益を免除する2024年に小規模投資税免除システム(NISA)を刷新します。中長期の管理に適した低リスクの製品に投資することにより、個人が資産を形成することを奨励します。 2008年度の税制改革の議論の中で、新興企業に投資する大企業の減税は確実になった。日本経済を活性化するために、個人や企業のために資金を移動します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です