つみたてNISAが拡充されるかも

金融庁や麻生太郎大臣のやらかしを経て、個人投資家の長期視点での資産形成に関心が高まっている。つみたてNISAが拡充され、既存の一般NISAとつみたてNISAのいいとこどりの制度となることが望まれる。

一般NISAは、投資利益が最大5年間免税される制度であり、年間最大120万円の投資が行われます。政府と与党は、これを2024年以降も継続することを決定しました。従来のタイプに加えて、「5年/ 120万円/年」の免税限度を維持しながら、同社は、投資商品を低リスクの投資信託に限定する新しい「積み立て型」の設立を計画しています。来年12月に概説された与党の税制改革の概要に関連法の改正を盛り込んです。
つみたてNISAは、最大20年間、年間最大40万円を非課税で運用できるシステムです。 2018年から37年までの20年間口座を開設できるため、18年で口座を開設して毎年40万円を積み上げた人は元本800万円まで無料で投資できます。一方、例えば、来年20年で投資を開始した人は18年という短い期間で新しい資金を投資できるため、投資できる元本は最大720万円になります。言い換えれば、後で始めるほど、免税できる金額は少なくなります。
NISAは、運営中に得られた売却益および配当益に対する所得税を免除する制度です。そのため、与党の税務審査委員会は、免税措置をどうするかについて議論しています。 1つ目は、運営資金の使用です。そもそも、NISAは資金のを使途を問わないです。したがって、NISAに投資したら、いつでも撤退できます。住宅資金、子供の学校資金、または退職金として使用できます。これは、一般的なNISAのメカニズムです。一般NISAと統一する際の問題は、「資金の使い方に関係なくいつでも撤回できる」と「長期投資期間」のバランスをどうするかということです。資金の使用について尋ねる必要がない場合は、なぜNISAが退職のために長い投資期間を必要とするのか尋ねられるかもしれません。退職の準備をしている場合、途中で引き抜く必要はありません。
政府と与党は、「小規模投資税免除制度(NISA)」の一つである「一般NISA」の更新を決定した。貯蓄から投資に投資できる金額を増やすために作成されましたが、短期投資によく使われるという点を改善するために、安定した資産形成を促す「積み立て型」が2024年から追加されます。私たちは、超高齢化社会に備えて、システムの見直しを続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です