つみたてNISAの期間が延長へ

金融庁のやらかしと麻生財務大臣の失言は記憶に新しいところ,つみたてNISAの制約が緩和されるらしい.ひとまず歓迎することとしたい.

つみたてNISAは、年間最大40万円の配当と売上利益の免税制度です。金融庁によると、2019年6月末の口座数は1,478,872で、購入金額は178,082,850,000円でした。 40代のユーザーの最大数は25.9%で、30代と40代が大半です。
積立型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)は2018年1月に開始され、2年が経とうとしている。アカウント数は6月19日時点で約147万人で、2018年3月末時点で約51万人の約3倍でした。退職基金などの長期的な資産形成に備える手段として関心が高まっているようです。
つみたてNISAの積み立て期間が延長されます。 11月22日、日経新聞が報じた。現在、2037年まで蓄積できますが、延長され、20年間免税で蓄積されます。ただし、累積の最後の年は37年です。
政府と与党は、自民党と公明党に少額投資非課税制度(つみたてNISA)を組み込み、免税の期限を延長し、20年の与党税制改革に含める方針。
従来の免税期間は最大37年であったため、NISAを使用して投資できる金額は年が経過するにつれて減少しました。今回の改正により、1937年までに開始すれば、最大800万円を非課税で運用することが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です