首里城火災,クラウドファンディングが注目を集める

那覇市がふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」で受け入れている首里城火災の基金は、3日午後に目標額1億円に達しました。開始から3日目に目標額を超えました。目標額は達成されましたが、サポートは引き続き受け入れられます。
那覇市がインターネットで支援金を募る「クラウドファンディング」への寄付は、本殿などの主要施設が火事で破壊された首里城の再建により、3日午後6時ごろに1億円を超えました。 。目標額は、1日の開始から2日で早くも達成されます。首里城の再建への支援が広がっています。寄付は来年3月末まで受け付けられ、引き続き受け付けられます。
3日午後6時15分の時点で、6,279人が合計1億1,122万円を寄付しました。
募金箱の設置を検討していますが、保管方法や担当者が決まっていないため調整を進めます。県によると、寄付の正体を明かさない寄付は、県の収入に直接受け入れてはならないというルールがあります。ただし、他の都道府県にも場所があるので、経理課が状況を確認します。
このクラウドファンディングは「沖縄のシンボル「首里城」復興支援プロジェクト」です。寄付をした人は減税されます。那覇市は、沖縄県など首里城の再建に取り組んでいる国々に集めた支援金を支払う予定です。
サイトによると、募集は火災の翌日の初日の午後2時30分に開始されます。 3月3日午後6時5分現在、6,246人から166,844円が寄付されました。
火で破壊された神社城の本殿の再建のために地元の納税サイト「ふるさとチョイス」を使用して那覇市が集めた寄付は、3日午後6時以降、目標額1億円を超えました。サイト運営者は、開始から2日と約3時間半で、「非常に早い」ことに驚きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です