首里城が炎に包まれる

首里城跡は1972年に国の史跡に指定され、2000年に世界遺産に登録されましたが、城跡に復元された本殿などの建物は対象外です。文化庁によれば、消防法および文化財保護法に基づき、国宝および重要文化財に指定された建物には防火対策が必要です。
首里城での火災に対応して、文化庁は31日、指定文化財だけでなく、復元された建物の防火設備の検査と確認を地方自治体に通知しました。

過去には、文化財の周囲で火が繰り返し燃やされてきました。 1949年1月26日、奈良と法隆寺で火災が発生し、壁画が焼失しました。この教訓に基づき、文化財保護法は次の25年で制定されました。今年、京都と金閣寺は放火しました。同年、文化財防火の日が設けられ、毎年1月26日に全国の寺院や神社で防火訓練が行われました。
調査結果に応じて、9月に政府機関は、国宝や重要文化財の防火対策を改善するための地方自治体のガイドラインを通知しました。首里城での火災に対応して、文化財の防火設備の検査と確認を求める通知が31日に発行されました。
このような状況の中で、文化庁は危機感を強め、修理を奨励する補助金を含む防災推進計画として、来年度の予算請求に合計約81億円を含めました。

首里城(那覇市)での火災に対応して、10月31日に京都市中京区の二条城で、京都の文化財関係者を対象に防災対策を議論する緊急会議が開催されました。京都府、京都市、世界遺産に登録されているお寺や神社の防災担当者が集結し、関連施設の緊急再点検に加えて、近年急増している文化財を活用したイベントで留意すべき点を再確認しましたた。会議は、市が運営する二条城事務所から呼び出され、上賀茂神社、下鴨神社、東寺、醍醐寺、仁和寺、西本願寺神社、地域文化創造本部、中京警察署の担当者30人が参加した。

過去には歴史的建造物や文化財が焼失し、火災管理が疑問視されてきました。今年4月、ノートルダム大聖堂で火災が発生し、尖塔が焼け落ちました。世界史の悲劇に対応して、文化庁は国宝と重要文化財の緊急調査を実施しています。夜の緊急対応が脆弱であるという問題も浮上してきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です