富士山で滑落した男性が遺体で発見される

山梨県の消防防災ヘリコプターは、山頂近くの28日、インターネット上で動画を配信しながら登山している男性の可能性を探しました。約10人の救助隊員が山で捜索しています。
富士山は16日空から雪が降ることが確認されており、甲府地方気象台は22日に初雪を発表しました。男はビデオで「指が寒い」と話しました。
30日の午後、警察の山岳災害救助チームは、標高3000mの山で身元不明の男性の遺体を発見しました。動画配信サービス「ニコニコ生放送」は、山登りの配信中に滑った男と見られています。確認を急いでいます。
ビデオを見た人々からの一連の報告が当局に送られ、レスキューチームが静岡と山梨の両側から派遣されました。検索は29日の朝に始まりました。
28日に配信されたビデオで、男は雪に覆われた山を歩いているときに滑るのは危険だと言いました。道路が正しいかどうかを自問した後、彼は悲鳴を上げ、悲鳴を上げたようです。
30日、捜索を続けていた地方自治体は、山を登りながらライブビデオをストリーミングしていた男性の報告を受けた後、3000メートルの高度で死体を発見したと発表した。富士山(標高3776メートル)から落ちました。当局は、身体の身元を確認するために急いでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です