Peachが成田空港第3ターミナルの運用を開始

関空を中心にLCCとして展開するPeachが,成田を中心とするバニラエアの路線を継承しました.営業路線のみならずスタッフや事業ノウハウなど様々なリソースをうまく取り入れることで,さらなる成長とシナジーの追求をはかって欲しいです.

現在Peachが成田で運用中の国内5路線のうち、運航しているのは関西と福岡の2路線のみです。札幌と那覇の2つのルートは、開通後に一時停止され、その後、バニラからの乗り換えのために再開されました。残りの1つは奄美大島で、これはバニラによって開通し、10月1日にPeachのルートとして運用を開始しました。
Peachは、26日にビジネス統合を決定したバニラエアのルートを引き継ぎます。バニラブランドの営業は同じ日に終了し、両社のルートはすべてPeachになります。関西に本拠地を置くPeachは、搭乗率の停滞により成田ルートは苦戦していました。東京圏で認知度を改善することは緊急の課題です。
LCCであるバニラエアは、2019年10月26日で約5年10か月間運航しています。LCCであるPeachとの事業統合の結果、10月27日からPeach便として運航されます。両社はともにANAグループです。
運行初日の今日,MM312便が出発するゲート163の前には、「Share Happiness Morning」というブースがあり、ピーチティー、ピーチジュース、ピンクのカップケーキを提供しています。 CEOの井上氏は、エプロンを身に着け、顧客に飲み物を渡しました。
バニラエアの慣習のひとつ「ビッグハンド」はPeachに継承されました。ピンクの「Peachバージョン」としてリニューアルされ、客室乗務員が着用して、乗客とハイタッチをかわしました。
当初、出発を祝うために放水アーチが予定されていましたが、空港の運用のためキャンセルされました。従業員はターミナルから手を振りました。
Peachは、2013年10月27日に成田が就航してからターミナル1(T1)を使用していました。従来の成田ルートは国内5ルートしかなく、バニラから引き継ぐ台北と高雄の2つのルートを運営します。 12月26日から、石垣線も稼働し、国内線は6本となります。
Peachは、「Runway 24」や「おっさんずラブ」などの連続ドラマの撮影協力を通じて、首都圏を中心としたプロモーションを推進しています。
Peachは、冬のシーズンの初日である10月27日に成田空港のターミナルを変更しました。バニラエアは、前日の26日に終了する会計年度内に統合され、バニラが使用するLCC専用の第3ターミナル(T3)に移動しました。同時に、成田空港を拠点として整備し、国際便が開始されます。
両社はANAホールディングスと提携しており、2020年3月末の合併完了を前にルートの移転を進めています。

ANA,JALのフルサービスは過剰であったり非効率であったりを感じるところがあります.LCCは”格安航空”ではなく”合理的”な取り組みを深化させることで顧客の評価を勝ち取ってきました.今後も健全な競争を通じて,差別化と評価向上をより推進して欲しいと思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です