チュートリアル徳井の法人税申告漏れ

個人事務所の法人税申告漏れだそう.お粗末としか言いようがなく情けない.

お笑いコンビ「チュートリアル」である徳井義美が設立した会社は、東京国税局から3年間で1億件以上の申告書を報告したと報告されました。さらに、衣服などの私的費用で2,000万円の「所得隠蔽」が認められました。徳井さんは、この会社の彼のオフィスからテレビのパフォーマンス料金を受け取りました。納税申告と納税はすでに完了しています。
24日、テレビコマーシャルとしてコメディコンビ・チュートリアル徳井義美(44)を使用する家電量販店EDION(本社/大阪市)が、現在放送中のコマーシャルを徳井が登場しないバージョンに置き換えました。それが明らかになった。
徳井氏のインタビューを聞いた限り、彼は東京国税局による脱税で告発されていなかったため、逮捕されなかった。しかし、莫大な脱税と所得隠蔽に伴う社会的責任は重いです。
徳井は2009年に設立された民間事務所「チューリップ」を通じてパフォーマンス料を受け取ったが、2016年から2018年までの3年間は収入を報告せず、報告書が欠落していることが指摘された。 2012-15年には、旅費およびその他の費用は会社費用として予約されましたが、費用として認識されず、隠されていると判断されました。
脱税の可能性がある人が発見された場合、脱税の規模と技術をより具体的に確認するために予備調査が実施されます。調査の結果、大量の脱税が予想され、トリックも悪意があると判明した場合、裁判所は許可を発行します。許可に基づいて強制調査を実施し、証拠書類を収集します。
徳井義美は、日本のコメディの才能、俳優、アーティストであり、チュートリアルのストーリーをボケを担当しています。パートナーは福田光典です。京都府京都市左京区に生まれます。吉本工業所属。大阪NSC 13世代。 1998年3月、大学在学中、彼はお笑いコンビを組みそれがチュートリアルでした。福田のエンターテインメントの歴史はこの最初の段階から数えられているので、コンビながらエンターテインメント体験に違いがあります。徳井は、ネタの筋書きを担当しています。徳井は、アーティストを除くライブパフォーマンスとVTR制作の監督も担当しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です