即位礼正殿の儀

平成の王位に就いたブルネイのボルキア王に加えて、英国のチャールズ皇太子が招待されました。
皇帝の王位を祝うために「即位礼正殿の儀」に出席するために、皇帝と皇后は彼らの赤坂皇居(東京)に出席します。車で港を出発しました。赤坂帝国の正門の前では、道路沿いの多くの市民から歓声が上がり、両陛下は車の窓を開けて笑顔で手を振って対応しました。 天皇はメダルを身に着け、皇后は頭に長いドレスとティアラを持っていました。宴会は午後7時20分頃から開催され、180の国と国際機関から約400人のゲストが参加します。
宴会では、皇帝が王位を宣言した舞台「高御座」が解放され、ダンスが行われます。
セレモニーはスケジュール通りに開催され、190を超える国/地域および国際機関からの高官を招待する予定です。 22日以降合計4日間に予定されている晩さん会は予定どおり開催されます。
天皇の玉座である「即位礼正殿の儀」は、22日の夕方に皇居と宮殿で始まりました。イベントは31日まで4部で開催され、「帝国感謝祭」の中心的な儀式から約2,000人の参加者を招待しました。皇帝と皇后を含む皇帝と秋篠宮と彼の妻は会議に出席し、一緒に食事をします。
22日、皇帝は22日午後1時から天皇陛下が王位を宣言した「帝国改革式」を行った後、午後3時30分から新しいオープンカーに乗った。天皇皇后両陛下は、皇居/宮殿から赤坂皇居まで約4.6キロメートルを約30分で移動することを計画しました。皇帝と彼の妻が昨年11月にパレードを行ったとき、117,000人が道端に沿って集まりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です